着物リサイクルで新しく

昔、日本独特の文化であった着物ですが、時代は流れ、洋風化が進みました。
昨今もときより、和装の方を見かけますが、都市伝説ができるほど、あまりみることはない存在になりました。

着物の方を見た日はいい日になるっといった都市伝説のような、ジンクスがあるようです。

そんな中、我が家にも女ものなら1着、男ものなら2着ほど置いてあります。
それも、まず、着方がわかる人がもう家にはいませんし、着る機会もないのでお蔵入りです。

そんな中、地元の商店街で、着物買い取りのチラシをみました。
美容室のガラス戸の貼ってありました。
また、着物買い取り以外にも、リサイクルして身近なものに手直しすることも可能だそうでした。
カバンやポーチ、他には、個性的な洋服などに新しいものにしてくれるそうです。

着物買取の記事を読む

我が家の着物はさほど、思い入れのあるものでもなければ、高価なものでもないので、正直売りモノにもなりませんし、リサイクルも考えてません。
ですが、やはり思い入れのある方もいると思います、その際はぜひ、着物買取りを利用したら良いのではないかと思います。

また、手提げかばんやポーチや洋服に手直ししてくれる場所もあるので、お気に入りのお着物は、そのそうに新しく変えてみてはいかがでしょうか。
大切なのは、気持ちです。買取りで手放してしまっても、想い出は消えません。
写真の1枚でも記念に撮るのもいいかもしれません。ですが、大切な着物を、大切にしまっておくのもいいとおもいます。

不要な着物は買取してもらおう

かつては、嫁入りに着物を持たせるという風習が日本では一般的でした。
しかしながら、あまり着る機会が少なくタンスの肥やしにしているという方は、多いのではないでしょうか。
そんな台無しな使い方ですと、とても勿体無いですよね。
そんな方にお勧めなのが、買取してもらうという手です。
自分には不要なものでも、それを必要としている人に譲るということは、とてもエコな考えですよね。
ご自身ではあまり着る機会がなくても、お茶を習われている方などは、とても必要としているものなのです。
手放すのは、少し寂しいと思われる方は、そういった必要としている方のために手渡している、と考えるといいですよね。
また、不要なものが家から無くなり、整理整頓できてすっきりします。
不要なものがタンスからなくなり、その部分に新しい衣服を収納することもできます。
収納場所が増えると、心にもゆとりが生まれてくるものです。
嬉しいことはそれだけではありません。
買取してもらうことで、ちょっとしたお小遣いになるかもしれません。
またレアな着物ですと、相当な高値がつくこともありますので、とても有難いですよ。
ご主人に内緒のお小遣いですので、旅行やランチなど誰にも文句を言われずに使うことができますね。
思い立ったが吉日です。
是非、早めにリサイクルしてしまいましょう。
虫食いなどができない内に業者に買取してもらうことをお勧めいたします。
きっとあなたの着物を必要としている方がおられますよ。